施術効果を高めるアドバイス

セッションの流れと心構えについて


1)

初めにオーラやチャクラの状態をカウンセリングします。

健康上の問題や気になることがあれば、お話を伺います。
椅子またはベットで、リラックスしていただきながら、ヒーリングを行います。
ヒーリング修了後は、視界がクリアになり安堵感に包まれます。

2)

天然素材の服を着用して受けた方が、より効果が高まります。(例えば綿100%)

3)

ヒーリング後、48時間はミネラルウォターもしくはハーブティー(JWTをお勧めします)を、 最低1日1リットル以上たっぷり取ってください。

 

4)

激しい運動は避け、静かに内省的に過ごしましょう。

 

5)

ヒーリング後、48時間はアルコールを取らないことをお勧めします。

 

6)

軽い食事

7)

ヒーリングを受けた夜は、

お塩のマッサージ、

天然塩を使用した入浴をおすすめします。

8)

あなたの身体の声を聞く。
疲れていたら休息をとり、

エネルギーを高めたいと感じたら散歩をしたりしてください。
しかし、身体の中では、さまざまな毒素を排出しようと働いていますから、
過剰なことは避けましょう。

セラピー・ヒーリングで期待される効果


○骨格が調整される。
○身体の緊張がほぐれリラックスできる。
○身体的な痛みが軽減される。
○精神的なストレスから解放される。
○物事を前向きに考えられるようになる。
○運気が良くなる。
○過去や未来のヒーリングが起こる。
○自分を愛せるようになる。
○安心感、解放感が得られる。

効果的な施術の頻度


肉体的な健康に問題がない場合には、

1~2ヶ月に1回のヒーリングをすることで、精神と肉体レベルの健康に効果があります。

何らかの特定の慢性疾患の改善や、

自己成長を早め、よりシフトすることを希望であれば、
はじめの3回は、10日に1回のヒーリングをお勧めします。

施術終了後の好転反応と注意


ヒーリングを受けられた後、眠くなる傾向があります。
乱れたエネルギーをリセットする働きかと思います。

肉体面では、頭痛、発熱、身体の痛み、

排泄物が増える、今まで痒くなかったところが痒くなったり、
寒気を感じたりすることがあります。

メンタル面では、イライラなど感情的に嫌な感じを体験したり、
泣きたくなるなど、
一時的に症状が悪化したような状態になることがあります。

これは、好転反応と呼ばれ、今までブロックしていたところに、
新しいエネルギーが流れ始め、
肉体やオーラの中にある毒素やネガティブなエネルギーが
外側へ出て行き、不調が解消するプロセスなので心配しないで下さい。

 

24時間以内にはおさまります。
もし、不安になるような症状が出た時は、あわてず、身体を温かくして、

ゆっくり休みましょう。